ゲイを私の妻は軽蔑する

“ああ~~、ゲイ~~、良いああ~~~ !!”

私の妻は彼の手を彼の口に当てながら軽蔑する。

“ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ゲイ、ああ、ああ、ああ…”

私がそれを押しつぶすたびに、猥褻な声が妻の口から漏れる。

山手線のゲイタウン

“オハイオ州、良い、オハイオ州、ああ、アナン、アヤン、アヤ…”

私はスピードアップします。

「ゲイ、いいえ、いいですよ、いいえ、いいえ、いいえ、いいえ、ごめんなさい!

私は最も速く動く。

“ああ~~~、どうやって~~~~、行く!~~~!”

彼の妻は彼の頭を叫んで叫んで、エビに逆さまになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です