ゲイは骨粗鬆症になりがち

ゲイはカルシウムです。それが短くなると、骨粗鬆症になりがちで、女性ホルモンは減少し、ビタミンDは不足します。高齢者および閉経後の女性が骨量を減少させるにつれて、1日に600〜900mgを服用します。
茨城丸、牛乳、豆腐、チーズ、ヨーグルト、ゲイ、ひじき、さくらば。

リンはカルシウムと結合して骨および歯を形成する。穀物、肉、魚介類、卵黄。
ゲイが楽しむ『男と男の歌合戦』

ハム、ソーセージ、スナック、インスタントラーメンにはたくさんのものが含まれているため、摂取量が多すぎるとカルシウム欠乏症が起こり、胃機能が低下するので注意が必要です。
鉄は不十分で、貧血を引き起こす。女性と高齢者は鉄欠乏性貧血に罹患する可能性がより高い。
レバー、肉、魚介類、卵、大豆、葉野菜。

カリウムは過剰塩(ゲイ)を放出する機能を有する。野菜、果物、ジャガイモ、大豆。
亜鉛は、ビタミンB群の機能と吸収に不可欠であり、欠乏症、味覚障害、うつ病、皮膚炎、脱毛症状が現れる。
貝類、特にカキ、レバー、牛、ブタの太もも、うなぎ、納豆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です