ゲイと同じ視点から話そうとしました

ゲイ、私は善悪を教え、しつけをする目的で叱りましたが、大きな声、叫んだり、汚い言葉を使ったことはありません。

義母の話を聞いていなかったので嫉妬したと義母に聞いたが、聞いた。

ゲイは思ったよりも小さい姉妹、私が言っていること、または私を叱るようなことをしていることを知りたいだけでした。

それで私はしゃがみ込んで、同じ視点から話そうとしました。
彼らは決して甘やかされていないので、彼らの姉妹は時々涙を流しました。
でも、ちゃんと理解しているといつも頭をハグして撫でて5分くらい過ごします。

ゲイの姉妹が落ち着くまで。
落ち着いた後、私はあなたを笑わせようとしました。

こんなかわいい時間が過ぎてしまいます。
だから欲求不満で怒っているママを見ると悲しいです。

怒っている母親はいなかったが、怒っている父親がいた。
でも、仕事をする時間があまりなかったので、一人で過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です